さよなら三木鉄道ミキ300へようこそ!

兵庫県三木市と兵庫県加古川市の厄神を結ぶ三木鉄道は、
2008年3月31日で廃線となりました。
車窓から見える三木の田園風景は、つかの間日常を忘れさせてくれます。
まるで、片道約6.6キロの小旅行。
なつかしの、三木鉄道の風景をお楽しみください。






さよなら三木鉄道ミキ300の最新情報


三木鉄道地公園が開園

廃線から2年経過した2010年、三木鉄道の三木駅を利用した「三木鉄道記念公園」が開園しました。

三木鉄道記念公園

大正6年に建築された駅舎(木造平屋建て)は15メートルほど移築したうえで改装し
「三木鉄道ふれあい館」として再出発をきった。

改札口や窓口など、駅の趣が残され、
車両につけられていたプレート、写真、時刻表など貴重な品々が数十点展示されています。

又、旧車庫では、「MIKI夢ステーション」と命名。スペースを利用して、市商店街連合会が総菜などを販売し、郷土料理研究グループ「えぷろん三木」が金、土、日曜にお食事処を営業しています。